日本の食券機システムは訪日外国人には難易度が高い?!

インバウンド対応TIPS

先日、池袋でセミナーがあり、帰りに夜ご飯を食べて帰りました。

リーズナブルな定食タイプのステーキ屋さんで、注文は食券タイプ。

後から、外国人観光客の人もお店に入ってきたのですが、券売機に気が付かず

そのままスルーして席についてしまいました。

飲食店側にとっては、注文や会計のやり取りの手間が省けるので、良いシステムですが、

訪日外国人の人にとってはどうでしょうか?

 

一般的な食券機はメニューが分かりづらい

世界各国、飲食店での注文方法は独自のスタイルがありますね。

日本の食券機システムもその一つで、日本独自のものかと思います。

日本人にとっては馴染みもあり、また、日本語で困ることはありませんが、

訪日外国人の方にとっては難しそうです。

 

一般的な食券機

こちらは、とあるラーメン屋さんの食券機です。

✔ 日本語のみのため、読めない

✔ 写真がないため、どのようなメニューか想像しずらい

✔ そもそも、食券機自体を見たことがなく使い方に戸惑う

 

食券機システムの場合、セルフサービスが基本なので、

対面でオーダーをする場合に比べて、店員さんに質問をしたり、説明をしてもらう

機会がないので、諦めてしまう訪日外国人の方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

※先ほどスルーして席についてしまった外国人観光客の方へは

お店の人がメニューなども丁寧に説明していたので、

無事に希望通りのメニューを注文できていたようでした。

 

外国人観光客に大人気のラーメン店『一蘭』の食券機はすごい!!

ニューヨークなどにも支店があり、訪日外国人観光客に絶大な人気のある

ラーメン店の『一蘭』

先日、久しぶりに行ったのですが、行列の半分以上は訪日外国人観光客でした。

店員さんも外国人の方が働いているので、多言語に対応できていました。

 

人気ラーメン店『一蘭』のわかりやすい食券機システム

メニュー写真+多言語対応で、これなら外国人観光客でも困らない!!

食券機の買い方のステップもわかりやすく説明されてます。

 

一蘭といえば、オーダー用紙。

こちらももちろん多言語対応!!

 

仕切られたカウンター席にもわかりやすくメニューが貼られていて、

追加注文もこれを見れば安心してできますね。

 

 

こちらが私が注文したラーメン!

一蘭のラーメンが訪日外国人観光客に人気なのは、

「おいしい」というのはもちろんなのですが、「注文しやすい」ということがあると思います。

 

訪日外国人観光客が一番楽しみにしている「日本での食事」は

「飲食店のスタッフと十分にコミュニケーションが取れないことの不満」も引き起こしています。

 

訪日外国人観光客の楽しみ「日本で美味しいものを食べること」にはやっぱり不満があった!
外国人観光客は「美味しい」だけでは口コミ・リピートしない?! 訪日外国人観光客が『日本でしたいこと』で上位に入るのが 「日本で和食や美味しいものを食べること」 です。 日本で人気のある食べ物といえば 寿司・ラーメン...

 

その他のお店での食券機システムはどうなんだろう?

ラーメン店以外にも食券機を導入しているお店はありますよね。

例えば、定食の「やよい軒」

もしかしたら店舗によって違うかもしれませんが、近所のやよい軒の券売機システムは

最先端でわかりやすいです!

 

食券機のように初期コストが高いものは、すぐに変更するということは難しいと思いますが

別のシートに英語版、中国語版などを書いて用意しておき、

外国人観光客の方がいらっしゃったら、そちらを指差しシートのように使うという方法も

できるかと思います。

 

今後も、食券機などで気づいたことがあれば、シェアしていきますね。

 

Cheers!!

 

 

コメント