西日本豪雨被害:岡山・美観地区を観光で支援しよう!

BLOG

西日本豪雨から2週間が経とうとしています。

酷暑も重なり被災地では大変な状況で過ごされている方が多くいらっしゃいます。
1日も早く安全安心な環境が整うよう、できることをしたいと考えています。

 

LocalCheers / ローカルチアーズは、

Local = 地方・地元

Cheers = 乾杯する・応援する

という意味を込めています。

今日は「応援する」という切り口でブログを書きたいと思います。

岡山の美観地区で観光客の予約キャンセルが続出

今回、「岡山・美観地区を観光で支援しよう!」というテーマで
ブログを書こうと思ったのは、観光客の予約キャンセルでダメージを受けている
というニュースを見つけたからです。

思い込みと変な自粛は被害の拡大…

「美観地区は無事なのに、倉敷全体が被害に遭ったと思われている」

「観光目的で訪れていいタイミングではない」などと宿泊を自粛する客が相次ぐ

【西日本豪雨】倉敷・美観地区は観光OKです―“自粛”の観光客に「訪れるのも支援」と訴え

【西日本豪雨】倉敷・美観地区は観光OKです―“自粛”の観光客に「訪れるのも支援」と訴え
西日本豪雨で被災地となった岡山県倉敷市では、夏休みの旅行シーズンを前に、観光業への影響が広がっている。ホテルでは宿泊予約のキャンセルが相次ぎ、市内有数の観光スポ…

西日本豪雨、岡山の観光地に打撃 宿泊キャンセルや風評被害懸念も

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00010009-sanyo-l33

 

岡山の美観地区は美しい!

私は、岡山県に旅行などで行ったことがないため、土地勘がないため、
被害エリアとそうでないところがはっきりとわかっていませんでした。

岡山の観光地である「美観地区」は被害は受けておらず、
通常通り観光が可能というのを、
絶景プロデューサーの詩歩さんのtwitterで知りました。

すごく素敵な街並みです!

そして、やはり桃は美味しそう!!

被災した県に観光に行くのは不謹慎?

東日本大震災を始めとして、日本の各地で災害が発生するたびに
「自粛ムード」が蔓延したり、「自粛しろポリス」が現れたりします。

私自身はこのような大震災の被災者にこそなったことはありませんが、
東日本大震災が発生した直後に、宮城県名取市にNPOのスタッフとして
約1年間、現地に滞在し、様々な復興活動に携わった経験があります。

その立場から言うのであれば、
「間違った自粛こそ、被害を広げる。被害を受けていないところが疲弊する。」
と考えています。

なので、岡山の美観地区のように
・すでに公共交通機関が復旧していて、旅行できる
・宿泊先も問題なく稼働している
・地域の人たちが「是非来て欲しい」と望んでいる
場合には、どんどん観光に行くべき!

観光に行くことが「復興支援活動」に繋がります。

寄付や支援の方法について

西日本豪雨の発災直後に「支援方法や寄付」について、
オンラインサロン内で考える機会がありました。

サロン内でも「参考になった」という声が多くあり、noteで公開しています。

東日本大震災後、現地で活動した元NPOスタッフの立場から、『5つの支援方法・フェーズ』と『オススメしない3つのこと』|山本マイコ|note
東日本大震災後、東北(宮城県名取市)で復興支援活動をするNPOに携わり、現地で約1年住んで活動していた立場から。 災害時の支援方法についてフェーズごとに、まとめてみました。 現地の状況は、今日と1週間後では全く違うので、 フェーズによって異なります。 『5つの支援について』と『オススメしない3つのこと』をまとめまし...

※岡山県の美観地区は「被災していないエリア」になります。
「旅行に行く」ことは「経済を回す」支援方法になります。

※「被災したエリア」は、2018年7月下旬時点では、
復興支援活動のボランティア以外での目的の訪問は、まだ早いと思います。
また、ボランティア活動をされる場合は、現地の最新情報(行政などが発表している)を十分にチェックし、必ず要件を揃えてから、現地入りされてくださいね。

 

Cheers!!

コメント