外国人の店員にクレームつけてどこがおもてなしの国なんだ!これから大活躍する外国人の雇用について

BLOG

コンビニで外国人の店員さんがレジ対応などをしていて、困ったことってありますか?

私は一度もありません。

コンビニって、一言も会話しなくても買い物が成立するぐらいだと思うのですが。。。

 

「日本人に代われ」 働く外国人、差別深刻に
「日本人に代われ」「まともな日本語を話せ」――。小売店や飲食店で働く外国人が増えるなか、客などから嫌がらせを受ける事例が相次いでいる。外国人への偏見は根強く残り、企業や行政は安心して働ける環境づくり

まだ、外国人雇用しないで消耗してるの?

「クレームつける人っているの?」と驚くと同時に

もしかして、外国人を雇うメリットに気がついていないのかな?と思ったので

お店などで外国人を雇用するメリットなどをご紹介したいと思います。

 

飲食店やコンビニなどで外国人を雇用するメリット

都内の飲食店やコンビニなどでは、外国人の店員さんの姿を見かけることが

当たり前のことになりました。

外国人を雇用する最大のメリットは「外国語を話せること」です。

 

都心は訪日外国人観光客も多く、

英語や中国語、韓国語などが話せる外国人の存在は、観光客にとってありがたいです。

 

日本語しか話せない日本人より、日本語もある程度話せて、外国語ができる外国人のほうが

お店のお客さんとのコミュニケーションが円滑になり良いと思います。

 

ドラッグストアや家電量販店では外国人の店員さんが喜ばれる

訪日外国人観光客が買い物に訪れる、ドラッグストアや家電量販店。

それらのお店は、外国人の店員さんが大活躍します。

訪日外国人観光客の中で最もショッピングでの消費額が高いのが「中国人」

彼らは、買い物リストを作っていて、

決めたものをどんどん買っていきます。

 

その際に、中国語で対応ができる中国人スタッフがいれば

買い物はスムーズに進み、コミュニケーションができないことによる

売り逃しなども防止できます。

 

爆買いブームは落ち着いたとはいえ、

平均買物金額は、日本人の平均より上回ることが多いので、

訪日外国人観光客を顧客にすることができる外国人スタッフは

お店にとって大事なセールススタッフになることは間違いありません。

 

SNSで発信してもらい、お店のPR担当になってもらう

個人の飲食店などであれば、SNSなどでの情報発信は

オーナーや店長さんの判断で行うことができます。

外国人スタッフにお店の情報などを母国語で発信してもらうことで、

訪日外国人観光客へのPRに繋がります。

 

慣れない日本での生活をしている外国人スタッフにとっても

自分の母国からお客さんが来てくれて、接客サービスができれば

彼らにとっては、息抜きにもなりますし、自信にも繋がります。

 

 

外国人を雇用する場合「これは常識」は伝わらない

訪日外国人観光客を母国語で接客してもらうという点では

日本人より優れていますが、働き方に対する考え方の違いや

雇用に関するルールなど気をつけるべきこともあります。

 

日本人と異なる仕事観

雇用に関するルールについては、法令等をきちんと確認をすれば良いですが、

「仕事観」の違いは、日本人と大きく異なるので最も大変かもしれません。

・自分の業務範囲しか対応しない

・時間を正確に守るなどの暗黙の了解が通じない

・仕事で注意された際にプライドが傷つけられたと感じる

これは、日本人でも個人差があることなので、外国人だからというわけではありませんが

文化や考え方が異なるので「これは常識」ということもきちんと伝える必要があります。

 

「日本の常識は世界の非常識」でも外国人を雇用するメリットはある

外国人を雇用することで、日本人を雇用するよりもコミュニケーションなどで

大変な部分がありますが、そのデメリットを差し引いても

外国人を雇用するメリットは大きいと思います。

今後、日本人の労働人口は減少し、訪日外国人観光客数も右肩上がりの傾向が続くと考えると

外国人を雇用する、外国人とともに働く、機会は増えてくるでしょう。

 

LocalCheersとしては、それぞれの地域で

日本人も外国人もともに働きやすい関係、環境を作り、

それが、訪日外国人旅行者にとっても旅がしやすくなるメリットになれば

良いなと考えています。

 

Cheers!!

コメント