「なぜ、中国人は声が大きくてうるさいのか?」の理由が分かるとイライラが減る

BLOG

こんにちは。

レストラン、電車の中などで、やたらと声が大きい集団がいて

思わずイラッとして、そちらを見てしまうという経験はありませんか?

私もよくあります。

特に、カフェなどで集中したいなーというタイミングだと、イライラしがち…。

しかし、集中したいのは私の都合だし、そのグループも楽しい時間を過ごしたいのであろうから、

気持ちを切り替えて、iPhoneの音楽をアップテンポなものにして、ちょっとボリュームを上げて

自分のことに集中するようにしています。

 

相手の状況だったり、気持ちを少しでも想像してみると、

無駄にイライラすることがなくなりますね。

 

さて、この「うるさい・騒がしい」グループの中に、中国人が当てはまったりしませんか?

インバウンドの話をしていると、皆が必ずウェルカムと両手を広げて受け入れるわけではなく

「外国人の人は◯◯だから来てほしくない…」という

ネガティブな意見もあります。

 

その中の一つが

「中国人は声が大きくてうるさい!」というものです。

 

たしかに、うるさいですよね。

うるさいなーと思いながらも、そういう国民性なのだろうと思い

あまり深く考えたり、背景などを知ろうとすることはあまりしていませんでした。

 

その「なぜ、中国人は声が大きくてうるさいのか?」

を解説してくれているnoteを見つけました!

華僑心理学No.3 なぜ、中国人は声が大きくてうるさいのか?|こうみく|note
こんにちは、こうみくです! 前回、番外編として、わたしが育った家庭について、両親から引き継いだ価値観について書きました。 皆さんから様々な感想や、サポートを頂きました。本当にありがとうございます!こちらのサポートは、宣言通り、母へのプレゼント代として使う予定で、後日、また報告します。 ****...

 

 

なるほどー!!の連続でした!

特に、2番目の「話している内容を周囲に聞こえるようにするのは、周囲の人への気遣い」

というのは、日本人にはおそらくない習慣だと思いました。

 

 

日本では、電車やお店などで必要以上にうるさいのはマナー違反ですが、

中国人の人たちは、気配りだったんだと分かると、私はイライラ度が減りそうだなと思いました。

 

だからと言って、「中国人はうるさくてもOK」というわけではなく

中国の人にも、日本のマナーを知ってもらえればいいなと思います。

日本では、「家に入るときは靴を脱ぐ」ということは、

すでに訪日外国人観光客の人には浸透していますが、

これは、情報発信や案内によって、浸透したからだと思います。

 

郷に入れば郷に従え

これは、私が旅行するときに大事にしているスタンスです。

海外だけではなく、国内でも、地域が違うと文化や習慣が異なります。

その違いを知った上で、旅をするときには、その土地ならではの習慣も楽しみ

まるで自分が暮らしているかのように過ごすと、旅行者よりも一歩近づけるように思います。

 

スペインを旅行したときですが、このようなことがありました。

バックパックで約1ヶ月ほど、様々な都市を回りました。

スペイン語はゼロの状態でしたが、旅をしながら覚えていきました。

朝食はカフェで食べることが多かったのですが、

カウンターの下に紙ナプキンなどを捨てて行く人が多かったのです。

「スペインの人って、マナーが悪いのかな?」と思ったのですが、

これは、紙ナプキンが多ければ多いほど、お客さんがたくさん来ていておいしいという

目印になるので、お店のためのこと、ということを知りました。

 

国によって傾向や特色があるので、それについても紹介していきたいと思っています!

 

また、今読んでいる本もすごくおもしろいので、読み終わったらご紹介しますね。

 

 

Cheers!!

コメント